オステオパシー操作



オステオパシーテクニック

オステオパシーは、体の特定の機能を回復させることを目的とした一連の操作技術から成ります。 オステオパシーの基本的な前提は、いくつかの骨格部分の変形とそれに伴う隣接する神経や血管への干渉が、ほとんどの病気の原因であるというものです。 自己修復能力の回復は、骨格、筋肉、靭帯の操作によって可能になります。

オステオパシーのテクニックは手動操作のテクニックで、その中でも、 目的によってもっと多様化しています。 実際、私たちには直接オステオパシーテクニックと間接オステオパシーテクニックがあります。 前者は患部を矯正し、再び正しい機能を与えることを目的としています。 切断された部品を正しい場所に戻すのとほとんど同じです。

直接のものよりもよく知られている間接的な技術は、代わりに反対に機能します。 彼らは体を強制し、それが望まないところ、それが快適でないところ、それが慣れていないところへ行くことを強いることによって行動します。 すべてのオステオパシーのテクニックは、非外傷性で痛みがないという特徴があります。 最もよく知られているオステオパシーの操作は何ですか。

整骨院:法律と職業上の必要条件

オステオパシー操作

オステオパシー操作は確かに骨関節操作を含み、これは運動性を回復することを目的とした、対象の身体上のオステオパスによって提供されるインパルスによって特徴付けられる。 それほど多くの力が必要だとか、あなたが活用すべきだとは思わないでください。 精度の問題です。

オステオパシー操作の中でも、仙骨頭蓋骨のテクニックに注意してください。 これは、人の頭蓋仙骨リズムとの接触を確立し、それを刺激しそして支えるために、頭蓋骨および対象の背骨に軽く触れることからなる。 患者にはほとんど知覚されない軽い操作によって、頭蓋仙骨マッサージは頭蓋仙骨系との接続を通して生物全体に介入することができる。

次に、オステオパシー操作の中でも、筋や筋膜に影響を与える筋筋膜の緊張の正常化について述べることができます。 しかしそれだけではありません。 骨について考えるだけではありません。 オステオパシー操作はまた器官および内臓を含みます。

だれであり、整骨院は何をする

前の記事

ググル:特性、使用、禁忌

ググル:特性、使用、禁忌

ググル は 、 ゴム状のオレオレジン の ように 見える 天然物質 で 、2つの コレステロール低下作用の ため に、 粉末 の形で植物療法に使用されてい ます 。 もっとよく調べましょう。 guggulはどこですか ググル は、非常に枝分かれした、銀紙の樹皮で、主に ラージャスターン 、 グジャラート州 および マハルーシュトラ 州に 見られる、 ミルプの 木 としても知られる小さなとげのある木である Commiphora mukul の樹皮の切開によって抽出されます。 幹が切開されると、木はこの樹脂状の芳香物質を分泌します。 各植物は約1 kgを生産します。 淡黄色の オレオガム樹脂から 褐色まで 。 ググルの特性と使用 ググルは、 肥満 や アテローム性動脈硬化 症 と密接に関連する 代謝障害の ためにアーユルヴェーダ医学で常に使用されてきた古代の治療法です。 ググルの コレステロール低下 作用は、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)およびトリグリセリドを 有意に減少させる ことができる ググリ脂質 によるものです。 この作用は、肝細胞の表面に配置された LDLコレステロールに対する受容体の数の増加 および コレステロール - 受容体結合の改善によるものである 。 このようにして、脂質は血中レベルで除去され、その後胆汁を通して分解されます。 ググルは、主 に超高脂肪食...

次の記事

ビタミンD、どのようにすべての特性を帯びるか

ビタミンD、どのようにすべての特性を帯びるか

ビタミンD: ビタミンかホルモンか? 両方のこと。 ビタミンDの性質は 、実際には食物と一緒に摂取することができます。 しかし同時に、ビタミンDは 、肌が太陽光線 に さらさ れて体の 他の部分に入り込んでその機能を発揮するため、 私たちの体によって も 生成される のでホルモンのように機能します。 ビタミンDの性質 ビタミンD は、生物の健康に欠かせない多くの機能を持っています。 カルシウムとリンの腸管吸収と骨レベルでの沈着に特に重要です。 さらに、いくつかの研究はいくつかの病気の予防のためにその重要性を実証するでしょう。 その特性は 、生活のあらゆる段階で骨格の健康に 不可欠 ですが、それらは特に 子供や高齢者で さらに重要な役割を果たしています。 実際、成長期には、ビタミンDは骨格系の正しい発達を促します。 しかし、高齢者では、 ビタミンDの欠乏が 骨量減少や骨折の根拠となります。 さらに、 ビタミンD は大腸、皮膚、膵臓、筋肉、そして神経系 の 健康にも 貢献し ます 。 最近の科学的研究によると、それは 免疫システム にとっても非常に重要です。 ビタミンD欠乏症:症状、原因、食事 体に正しい量を保証する、ビタミンDの摂取方法は? 植物由来の ビタミンD 2は 、とりわけ酵母、シイタケなどの真菌、および藻類に含まれています。 代わりに、 ビタミンD 3の 良い供給源は、ミルク...