再突入によるストレスに対する対策



家で、迷子になりました。 一人は少しそしてひどく眠り、一人は疲れていて、リストのない、無関心です。 頭痛は明白に見えます。

あなたが知っているすべての後に、それは終わったことはすべて休日のせいです!

小さなトリックと自然な治療法により、短時間で元の状態に戻り、自然に元気になります。

戻るストレスに対するアドバイス:3、2、1、我々は始めます!

毎年、カウントダウンして、実年は1月ではなく9月に始まると考えています。 あるとき私たちを襲う仕事。 即座に突然行われる決定。 学校を始める子どもたち:要するに、やるべきこと、計画する日数にかかっているのが人生です。

一方では、体は冬眠と最初の風邪のために準備しています、他方では、彼らは私たちがこれまで以上に反応的にして欲しいと直面することへのコミットメントと新しい刺激を課します。 我々はまだ準備ができていなかった、おそらく我々は再び始める準備ができていない!

ここにあなたが再び始めるためにいくつかの簡単なヒントがあります。

いつも休暇中に暮らす5つの方法を試してください

動きをする

すぐに頭を下げて仕事に飛び込むのではなく、夏休みの間に持っていた健康的な習慣を歓迎してください。自転車。 動けなくなってジムに閉じ込められないようにしてください。物理学者が感謝します。

1日1時間休む

日中は自分自身とあなたの心に1時間の休息取ってください 。 本や雑誌を読んだり、庭の世話をしたり、あなたに大切な古い家具や物を置いたり、遊んだり、瞑想したり、絵を描いたり、日記に素敵な経験を書いたりしましょう。 新しいことを体験して、興味を持ってください。 困難や不可能のように見えることもありますが、やりたいことの問題です。

健康的に食べる

健康的で整然とした方法で自分自身を養い、筋肉を弛緩させ、神経伝達を促進する、マグネシウムに富んだ天然の抗ストレス剤を使用してください。 アーモンドとピーナッツと一緒に、あなたはまたあなたの食事療法にヒマワリとケシの実を含みます。 サラダやあなたの手で作ったパンを作るためにそれらを使ってください! 果物や野菜の中で、 フダンソウ、ほうれん草、キャベツ、レタス、イチジク、イチジク、そばなどを埋め、神経系の調整に欠かせないビタミンB 12を形成するのに役立ちます。

ラベンダーであなたの神経を伸ばす

においでさえも助けます。 不眠症や不安発作に対しては、中にラベンダーが入った小さな袋を持っていることが常に役に立ちます。 または、組織にラベンダーエッセンシャルオイルを数滴入れます。 必要に応じて、日中は香りを嗅ぎ、寝る前に神経を伸ばすのを助けるために枕の下に置いてください。

ハーブティーを飲みながらリラックス

健康的な習慣として、イブニングティーがあります。 カモミール、バレリアン、サンザシ、セージ、パッションフラワー、レモンバーム、シナノキ、バーベナ、メロロット、エスコルチを覚えておいてください。 軽度の天然抗うつ薬とみなされているhypericumでも。

    眠るためのハーブティーについてもっと知る

    前の記事

    ググル:特性、使用、禁忌

    ググル:特性、使用、禁忌

    ググル は 、 ゴム状のオレオレジン の ように 見える 天然物質 で 、2つの コレステロール低下作用の ため に、 粉末 の形で植物療法に使用されてい ます 。 もっとよく調べましょう。 guggulはどこですか ググル は、非常に枝分かれした、銀紙の樹皮で、主に ラージャスターン 、 グジャラート州 および マハルーシュトラ 州に 見られる、 ミルプの 木 としても知られる小さなとげのある木である Commiphora mukul の樹皮の切開によって抽出されます。 幹が切開されると、木はこの樹脂状の芳香物質を分泌します。 各植物は約1 kgを生産します。 淡黄色の オレオガム樹脂から 褐色まで 。 ググルの特性と使用 ググルは、 肥満 や アテローム性動脈硬化 症 と密接に関連する 代謝障害の ためにアーユルヴェーダ医学で常に使用されてきた古代の治療法です。 ググルの コレステロール低下 作用は、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)およびトリグリセリドを 有意に減少させる ことができる ググリ脂質 によるものです。 この作用は、肝細胞の表面に配置された LDLコレステロールに対する受容体の数の増加 および コレステロール - 受容体結合の改善によるものである 。 このようにして、脂質は血中レベルで除去され、その後胆汁を通して分解されます。 ググルは、主 に超高脂肪食...

    次の記事

    ビタミンD、どのようにすべての特性を帯びるか

    ビタミンD、どのようにすべての特性を帯びるか

    ビタミンD: ビタミンかホルモンか? 両方のこと。 ビタミンDの性質は 、実際には食物と一緒に摂取することができます。 しかし同時に、ビタミンDは 、肌が太陽光線 に さらさ れて体の 他の部分に入り込んでその機能を発揮するため、 私たちの体によって も 生成される のでホルモンのように機能します。 ビタミンDの性質 ビタミンD は、生物の健康に欠かせない多くの機能を持っています。 カルシウムとリンの腸管吸収と骨レベルでの沈着に特に重要です。 さらに、いくつかの研究はいくつかの病気の予防のためにその重要性を実証するでしょう。 その特性は 、生活のあらゆる段階で骨格の健康に 不可欠 ですが、それらは特に 子供や高齢者で さらに重要な役割を果たしています。 実際、成長期には、ビタミンDは骨格系の正しい発達を促します。 しかし、高齢者では、 ビタミンDの欠乏が 骨量減少や骨折の根拠となります。 さらに、 ビタミンD は大腸、皮膚、膵臓、筋肉、そして神経系 の 健康にも 貢献し ます 。 最近の科学的研究によると、それは 免疫システム にとっても非常に重要です。 ビタミンD欠乏症:症状、原因、食事 体に正しい量を保証する、ビタミンDの摂取方法は? 植物由来の ビタミンD 2は 、とりわけ酵母、シイタケなどの真菌、および藻類に含まれています。 代わりに、 ビタミンD 3の 良い供給源は、ミルク...